バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也による音楽活動のあり方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

5/27池袋サイバー 

ちび☆でか★たんズ!!:

5/20 かながわ湊フェスタ

お問い合わせはこちらのLINE@から! ↓

たっつんLINE@

ヴォーカリスト必見!最凶の肺活量トレーニング!!!

 

どうも、龍也です。

 

 今日はヴォーカリストの皆さんが知っておいて損は無い!最凶の肺活量トレーニングをご紹介たいと思います!

f:id:main-tatsuya:20180117194743j:plain

 

この方法はあの【嵐の櫻井翔】も実践していて、専門医の御墨付きのトレーニング方です!

※とあるテレビ番組で2年程前に拝見したのですが、ソースが見つけられませんでした。

 

さてさて、その方法とは?

 

と、その前に。

皆さんはランニングをしているでしょうか?

肺活量トレーニングと聞いて一番最初に出てくるのはこのランニングではないでしょうか?

実はこのランニング。

ひと工夫するだけで最凶の肺活量トレーニングになるんです!

 

その方法とはすばり!ランニングしながら歌うことです!

 

ランニングで肺活量をあげ、

走ったくらいでは息が切れなくなったあとのトレーニングですね!

実際に僕もやっているのですが、コレはかなりきついです。

自分のキーに合わせて得意なキーで歌うことが歌いながら走るポイントです。

これを意識するだけでだいぶ楽になります。

無理に高い声を出すことがどれだけ負担がかかっているかわかります。

 

その代わり、少し激しい歌を歌ったくらいでは息は切れなくなりましたし、

バンドでライブをしてステージを動き回って、頭を振りまくっても息は切れませんでした!

 

やってみた感想としては、キツいだけあってその効果は絶大だ。と思って今も続けています。

 

さらに歌の練習とトレーニングがいっぺんに出来て一石二鳥!

これはやるしかないですね!

 

しかし、これだけキツいトレーニングを紹介してももっと苦しみたい人はいると思います。

そんな人にオススメなのは走りながらのロングブレス。

これが今までやったトレーニングの中で一番キツかったです!

続けられなかったので効果があるかは不明ですが、、、

理論的にいえば究極の肺活量トレーニングになるはずです。

 

他にもマスクをつけることで一回の呼吸量を減らして負荷をかけるなんて方法もあるみたいですね!

これはプロボクサーが実際にやっているトレーニングだとか。

 

また、定番の水泳なんかもB'zの稲葉さんが勧めているくらい効果がります!

しかしながら、水泳は場所代がかかるので中々継続的に実践するのは難しそうですよね。

 

やはり手軽なのはランニング!

是非とも実践してみてください。

 

関連記事:

必読!!ヴォーカリストとしてワンランク上へ!!歌・パフォーマンスを上達させる方法!! - バンドマンの為の音楽研究

 

実力と時間の等価交換!歌・楽器・作詞・作曲の練習時間の法則!! - バンドマンの為の音楽研究