バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也とバンドマン櫻による音楽活動のあり方・人としての生き方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

10/15 濱書房

ちび☆でか★たんズ!!:

12/1 アメリカ山公園

<スポンサーリンク>

路上ライブのススメ!!路上ライブに必要な機材、場所、やり方など公開!

どうも、龍也です。

 

今この記事を見ていただいている方は路上ライブをしているアーティストさんを見たことがありますか?

最近は色々な場所で路上ライブが行われていますよね!

 

実は僕も路上ライブが好きで(見るのもするのも)

やってる人がいるとつい見に行ってしまいます。

POPSやROCK、アニソンや演歌なんかも歌っている方がいて、見ていて飽きないです!

路上ライブを行うにあたって必要なものや効果的な場所の取り方などご紹介させていただきます!

 

f:id:main-tatsuya:20180117235145j:plain

路上ライブに必要な機材

路上ライブには様々なスタイルがあります。

アコギ一本だけ背負っていくスタイル。

電子ピアノで奏でるスタイル。

電池式のアンプを持ってオケを流しながら歌うスタイル。

たまにフルバンドで演奏している方々もいます!これにはびっくりしました。

 

とまぁ色々なスタイルがあるのですが、スタイルの数だけ機材も様々。

ギターが一本あれば良いもの

電子ピアノが必要なもの

アンプが必要だったり

電子ドラム、ベース、ギター、マイク全て必要だったりします。

 

全てのスタイルにおいて必要なのは何かしらの音が出ること。

僕はアカベラでも良いと思います。

まずは自分のスタイルに合わせてどんな機材が必要なのか考えて見ましょう。

ちなみに僕も電池式のアンプを持っています。下にリンクを貼っておきますね。

【専用キャリング・バッグCB-CS2セット】ROLAND CUBE Street EX

価格:54,000円
(2018/1/18 00:01時点)
感想(0件)

【ポイント10倍】【送料無料】ローランド Roland CUBE Street/Red(純正キャリングケース/CB-CS1付) コンパクトギターアンプ【smtb-TK】

価格:31,320円
(2018/1/18 00:02時点)
感想(0件)

 

そして、忘れてはいけないものが「看板・フライヤー(チラシ)」です。

私は何者で、何を目指しているのか、何がしたいのかなどを通行人の目に入りやすいように掲げて演奏しましょう。

これがあるのと無いのとではだいぶ差が出てきてしまいます。

せっかく良い音楽を演奏していても、どこの誰だかわからなければ後から検索することもできませんからね。

 

そして一番大事なもの。それは「大勢の人の前で歌う度胸」です。

これが無いといざその場所まで行ったけども怖くて帰ってきてしまった。

なんてことも。。。(僕実際にやったことあります。)

 

 

路上ライブを始める場所

 

続いて場所の問題です。

この問題は簡単でしょう。

「人通りの多い場所。」

これに尽きます。なぜなのかは説明するまでも無いでしょう。

多くの人に聞いてもらうためです。

主要部の駅前の広場でやっている方々が多いでしょう。

 

僕の生活圏内では、横浜駅前や川崎駅前、新宿駅周辺は特に多いイメージです。

僕もやる場合は横浜駅前ですかね。いつか見かけたら声をかけて言ってください。モチベーションが上がります。(罵倒ダメ。絶対。)

 

少し違った場所だと、広めの橋の上でやっている方も見かけたことがあります。

とりあえず人通りがあればどこでも会場になるって感じですね。

あまり音量が大きすぎると迷惑になるので、必要最低限で行いようにしましょう。

トラブルの元になったりもします。

 

 

路上ライブの始め方

さあいよいよ路上ライブの始め方なのですが、一つ忘れてはいけないことがあります。

本来路上ライブは警察、私有地ならばその土地の所有者の曲が必要です。

しかしながら、警察からの許可はほとんどおりません。

なので、路上ライブを行なっている方たちはほぼ無許可でやっています。

”やらせてもらっている”という気持ちを大切にしましょう。

というのと、”警察に声をかけられたら素直に退散しましょう”ということは肝に命じておいてください。(形式上、名前や職業など聞かれることはあります。)

それさえ守っていれば、トラブルになることも少ないと思います。

 

まずは一番大事な看板を立てます!

そして機材を準備し、簡単に挨拶、自己紹介なんかをして歌うだけです。

安心してください。この時ほとんどの人は聞いていません。礼儀の問題です。

面白かったり、独特な看板や格好をしていたら興味本位で立ち止まってくれる人はいるかも知れません。

 

あとは気持ちを込めて気が済むまで喉が枯れるまで指が動かなくなるまで演奏するだけです!

人が集まり始めたらMCを挟んでコミュニケーショを取るのは吉です。

そのほうが記憶に残るしもしかしたらこの対応一つでファンになってもらえるかも知れませんからね!

 

いかがだったでしょうか?説明しきれていない部分も多々あるかも知れませんが・・・あった場合は追記なり記事の追加なりで対応しますので、質問などコメントしていってもらえたら嬉しいです。

路上ライブは始めこそ緊張で楽しむどころではないものの、慣れてきたら出会いの一つ一つが本当に楽しいです。

その楽しみを是非とも味わって見てください。

 

最後に一言だけ、

 

一期一会を大事に路上ライブを楽しんでください!

 

関連記事:

路上ライブをしていた時の思い出話。「100円の価値」 - バンドマンの為の音楽研究

 

路上ライブで生計を立てていたギタリストに聞いた話し。 - バンドマンの為の音楽研究