バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也による音楽活動のあり方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

9/23 新宿FNV 主催 

ちび☆でか★たんズ!!:

9/2 神奈川公会堂

お問い合わせはこちらのLINE@から! ↓

たっつんLINE@

<スポンサーリンク>

【代表曲・代表作品を作る】自分で自慢できる物でも作品でもなんでもいいから一つ持とう!そしてとことん自慢しよう!

こんにちは櫻です。

 

まずはこの曲を聴いてください。

 

俺のバンドの自信作です。

 

一度聴いてみてください。

 

 

 

聴きました?

 

しっかりレコーディングをしたわけではなく、

 

今はまだデモ音源レベルですが、

 

なかなかいいでしょう?

 

てか、すごくいいでしょう?

 

調子乗りすぎだなんて思う人もいると思いますが、

 

これくらいでいいんです。

 

自分が(自分たちが)作った作品には

 

自信を持ってプレゼンできるようになりましょうよ。

 

だって、いいと思ったから作品にしたんでしょ?

 

妥協したわけじゃないでしょ?それなら作品がかわいそうだよ。

 

俺がよく見るのは日本人によくあるんだけど、

 

自分とか自分の作品を下手に出す人。「しもて」じゃないよ。

 

なんで?って思うわけ。

 

圧倒的に地位が違う人で尊敬できる人ならまだわかるよ?

 

どっかの社長とかさ。

 

それが、対バンの相手とかイベンターさんとかに対して仕立てに出てる人がいるじゃない。

 

悪いとは言わないけど、

 

自分たちに自信持ってる人と、

 

常に下手に出て、いやー私たちなんて・・・って言ってる人たち。

 

どっちがいいと思うよ?

 

確かに下手に出てる人たちの方が使いやすいよ。

 

彼らは話をくれるだけでありがたいと思ってるから。

 

でもそうじゃないから。

 

もらう話は選ぶもんだから。

 

自分たちに自信を持ってれば嫌な話は断ることができるんだよ。

 

どうせまた他から話来るんだから。

 

ゴチャゴチャしちゃったからまとめるけど

 

何が言いたいっていうと。

 

 

自分たちに自信を持ってれば周りからの印象もそれに伴ったものになるし

そうしたことによる責任もついて来る。あれだけ自信満々なんだから実力も・・・って風にね。

その分頑張って練習もするでしょ?

もっと自信になるじゃない。

それに加えて、嫌な話は断ればいいって精神になると、無駄な時間やお金を使わなくてもよくなるわけよ。 

 

いいことだらけじゃない?

 

ってわけですぐには無理かもしれないけど、みんな自信持っていきましょう!!

 

お勧め記事

【やらないで後悔するより、やって後悔する方がまだマシだと思いませんか?】 - バンドマンの為の音楽研究

 

【成長し続けることの重要性:失敗は成功のもと。ピンチはチャンス。モノにしよう】 - バンドマンの為の音楽研究

 

 

これも聴いてみ!

youtu.be