バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也とバンドマン櫻による音楽活動のあり方・人としての生き方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

10/15 濱書房

ちび☆でか★たんズ!!:

12/1 アメリカ山公園

<スポンサーリンク>

【バンドマンの生き残り方】動物の歴史上時代の流れに乗らないと生き残れない。

こんにちは櫻です。

 

今回はバンドマンがこれから生き残っていくにはどうしたら良いかについて書いていきたいと思います。

 

バンドマンの皆さん、もちろん生き残りたいですよね?

 

趣味でやるにしても、ライブをやる限りは実際たくさんの人に聴いてもらいたいと思うし、たくさんの人で盛り上がりたい。そうですよね?

 

ガチ勢はもちろん、お客さんドンドンつけて、ドンドン上に上がっていきたいですよね?

 

そうするために必要なこと、これからの時代の流れに乗っていくことが大事なんです。

 

それでは時代の流れとはなんなのかをこれから話していきたいと思います。

 

それではBGMをどうぞ!

 

www.youtube.com

 

 

 

これからの時代は動画コンテンツ。

以前は、Twitterやライブ、無料音源の配布、フライヤーの配布。

 

これをやっていれば演奏次第でいい線に行けましたね。

 

しかし、今の時代はこれだけでは落ちていく一方です。

 

今の時代に必須なのは

TwitterYouTubeInstagram、音楽ストリーミングサービス、定期的にお客さんに情報を届けるサービス(ラジオ・生放送など)・そして何よりLINE@(俺も作らなきゃ・・・)

 

これだけのツールの使いこなすことが必須となってきました。

 

Twitter・生放送・ラジオ : 交流・情報発信

このツールの使い方はTwitter・生放送では主に交流情報発信が行えます。

 

ラジオでは企画を考え、一方的な情報の投げつけ。

 

生放送ではファンの方と相互の交流が可能。

 

人間は交流の回数が多ければ多いほど親密に感じる習性があるので、このような交流ツールを駆使してバンバン交流をしていきます。

 

そしてLINE@に登録していただくという流れに持っていきます。

 

 

Instagram:情報公開(画像・動画)

Instagramでは画像投稿・動画投稿によって情報発信をしていきます。

 

正直ツイッターでもできますが、インスタグラムも賑わっていますので、このマーケットを逃すのは痛いところ。

 

交流はあまりされていないので、画像を投稿&DMのチェックだけで運用できるので、Twitterよりは運用の手間がないでしょう。

 

また文字数がないので本文をたくさん書いてもタグがたくさんつけられるのが利点です。

 

音楽ストリーミングサービス:現在、無料配布CDの代わりになるもの

何故、無料配布音源の代わりになるのか。

 

QRコードによって受け渡しができる。=かさばらない。

 

・こちら側で何再生されたのか把握できる。

 

・PCがなくてもスマホに取り入れることができる。

 

この点から、現在は無料配布CDよりはストリーミングサービスが主流になってくるだろう。

 

YouTube:動画コンテンツによって知名度を上げる・他のSNSで長い動画を拡散できる。

現在最も賑わっているであろうマーケットがYouTubeであろう。

 

そのYouTubeに動画をupしてみんなに見てもらうことで宣伝効果は計り知れない。

 

TwitterInstagramでは比較的短い動画しか載せられないので、そこで伝えきれなかったものをYouTubeに投稿して伝えるということです。

 

また、コンテンツも音楽以外にも多種多様に投稿できるため、一般に人からの動員も見込めるのがYouTubeの強みです。

 

LINE@:ファンのLINEに直接宣伝を投げることができる。

皆さんもLINEで企業の公式LINEに登録したことがあるでしょう。

 

それをバンドに持ち込もうというのです。

 

 

TwitterInstagram。ラジオや生放送での告知もするのですが、タイムラインが流れてしまった。ラジオ・生放送の時間に間に合わなかった。などの理由で告知を受けることができない可能性もあります。

 

そんな時にファンのLINEに直接告知が飛ぶLINE@は効果的ということです。

 

まとめ

全部のツールを回す自信がなければこの中から自分に合っているツールを選び、あとは残りのメンバーに任せる・諦めるなどをして、自分位で着る限りの運用をしていきましょう!

 

お勧め記事

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net