バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也とバンドマン櫻による音楽活動のあり方・人としての生き方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

10/15 濱書房

ちび☆でか★たんズ!!:

12/1 アメリカ山公園

<スポンサーリンク>

【企画段階が一番楽しい!】イベント・企業は考える時期が一番面白い。実行の難しさ。

こんにちは櫻です。

 

皆さんは企業やイベントの企画をしたことはありますでしょうか?

 

企画をしたことがある人ならわかると思いますが、企画している段階ってすごく楽しいんですよね。

 

しかし、実際に転がしてみると思いがけない問題も発生し、なかなか上手くはいかないものです。

 

今回はそんな企画に関しての記事になります。

 

 

 

 

企画は誰だって苦しいが楽しい。

自分たちでイベントを建てよう!

 

場所はどこでやろう、時間は何時から何時まで、誰とやろうか、どんな内容のことをどんな形で始めようか等等

 

考えることがたくさんあります。

 

決めることもたくさんあります。

 

友達や仲間とあーでもないこーでもない言いながら考えるのはとても楽しいものです。

 

そんな楽しい企画段階でも企画が終われば楽しいことばかりではないんです。

 

実行段階では問題点がたくさん。

俺も音楽イベントを企画したことがあり、その時の体験をもとに言わせていただきますと。

 

 

・ライブハウスとのやりとり

・本番当日のタイムスケジュールを決定

・出演者へのオファー

・出演者の楽曲情報の収集

・権利問題関係の連絡(JASRAC

等等

 

これらすべてをやるのは中々骨が折れました。

 

挫けそうになった事もありますし、後悔した事もあります。

 

やっぱり企画段階が一番楽しいんだなって思いました。

 

準備期間は本当に厳しいものがありました。

 

そんな中でも1つ1つの問題をできるだけ楽しんで、ゲームをクリアしていくようにすると何段階も楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

実行は忙しいし本当に楽しい。

そしてイベント当日、当然主催者なので忙しさがハンパないです。

 

あっちを見てこっちを見て、あっちへ行ってこっちへ行って。

 

そんな忙しさは楽しさでもあり、やりきった後の達成感にもつながります。

 

みんなが一丸となって頑張り素晴らしい一つのものを作っていく。

 

その達成感は他では味わえないでしょう。

 

そして一番楽しいイベント後。打ち上げ。反省会。

イベント後といえば何と言っても打ち上げ。

 

関わったみんなでワイワイガヤガヤ騒ぎまくって楽しい時間を過ごしましょう。

 

ただ、この時にやらなければいけないことがあります。

 

このイベントがどうだったかの反省です。

 

一番いいのは映像を見ながらの反省会ですが、ない場合でも

 

・どこが良かった。

・どこを改善したらもっと良くなる。

・もっとこんなことを取り入れたらどうか。

・労力などを考えてどれくらいの周期で開催できるのか。

 

等等

 

意見を言い合ってもっといいイベントに成長させていってください。

 

まとめ

イベントには楽しいこと、辛いことがたくさん詰まっています。

 

しかしその中には間違いなくやりがいというものがあり、その先には達成感が待っています。

 

その達成感に向けて、いいものを作るために努力し、楽しむことこそ、イベント開催における本当の意味なのではないでしょうか。

 

お勧め記事

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net

 

 

www.tattsunko.net