バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也による音楽活動のあり方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

9/23 新宿FNV 主催 

ちび☆でか★たんズ!!:

9/2 神奈川公会堂

お問い合わせはこちらのLINE@から! ↓

たっつんLINE@

<スポンサーリンク>

意外と難関!!バンドメンバーの見つけ方!!バンドメンバーを見つける方法3パターン!

どうも、龍也です。

 

バンドを組むには、まずはメンバーを探さなければなりません。

僕のようなヴォーカルは少なくともギターやピアノなどのリズムとコードを鳴らしてくれる相棒が必要です。(自分でやるのも可)

 

そんな時どんな風にメンバーを見つけていますか?

メンバーがなかなか見つからず、活動できないなんてことになっていませんか?

 

今回はメンバーの見つけ方。

メンバーが見つからない時の活動の仕方。

をご紹介していきたいと思います!

 

 

 

・・・メンバーの見つけ方3種類。

バンドメンバーの見つけ方は大きく分けて3種類あります。

 

1.知人の紹介

2.メンバー募集を見る

3.ライブでナンパ

一つ一つ紹介していこうと思います。

 

1.知人の紹介

 

メリットとなる部分。

これが1番正確で問題の少ない見つけ方になるでしょう。

その人の人柄や実力などが分かった状態で出会うことができます。

また、紹介者の顔もあるので、紹介された人も適当なことはできません(バックレ等)

 

デメリットは、紹介してもらえるだけの魅力が自分になければ、紹介はしてもらえないことでしょう。

 

2.メンバー募集を見る

 

今はネットや楽器屋さん、練習スタジオなどにメンバー募集の張り紙が貼ってあります。

それをみて応募するという手段があります。

 

メリットは、気軽に声をかけられることです。

また、知らない人に声をかけることになるので、自分の人間関係の輪を広げることができます。

 

デメリット。ネットは結構適当な人が多いです。

女性の場合は出会い目的に気をつけなければならないし、バックレなんてことも結構起こります。

この曲練習してきてくれと言われたにもかかわらず、相手が練習してこなかったこともあります。

 

3.ライブでナンパ

 

これはかなりハードルが高いですが、なかなか成功率は高いです。

人に話しかけることに抵抗がない人はぜひおすすめです。

 

メリットは、相手の実力が分かっているので、ハズレを引かないことです。

相手は声をかけて褒められている状況なので、気分良く受け入れてくれる可能性も高いので、成功率も高めです。

 

デメリットは、声をかけなければならないところでしょう。人によってはハードルが高い方法になります。

また、ライブ観戦しに行かなければならないため、お金がかかる点もあるでしょう。

週に何日も行っていては破産してしまうかもしれませんね。

見に行く会場も重要で、自分のやりたいジャンルに強い場所に出向いてください。

 

・・・メンバーが見つからない時の活動の仕方。

バンドメンバーが見つからないけど、とにかく活動したい!!

そんな時に使える方法を2つ紹介します。

 

1.サポートメンバーに入ってもらう。

 

何かしらの理由があって正規メンバーにはなれないけど、サポートならできる。

という人が周りにいればラッキーです。

その人に頼んでしまいましょう!

大体のサポートメンバーはスタジオ・ライブの代金免除やライブ一本3000円などの条件で手伝ってもらうことができます。

すでにサポートメンバーとして活動している人は、腕も確かな場合が多く、実力には困りません。

 

2.打ち込みを使う

打ち込み(オケ)を使う方法もあります。

これは自分で用意する必要がありますが(外注もできます)、今の時代なら手軽にできるでしょう。

問題は、やはり生音には負けてしまいことです。

空気の振動なども伝わりにくく、どうしても音が軽くなってしまいます。

 

サポートメンバーにしても打ち込みにしても、

ライブすることで人脈が広がり、そのツテでメンバーを探すことができるので、

メンバーが見つからないから活動できない。

は1番もったいないことだと言えるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんのバンド活動が良いものになるよう願っています。

 

関連記事:

オケがいい?生バンドがいい?アーティストのライブ形態について語ってみる。 - バンドマンの為の音楽研究