バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也による音楽活動のあり方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

5/27池袋サイバー 

ちび☆でか★たんズ!!:

5/20 かながわ湊フェスタ

お問い合わせはこちらのLINE@から! ↓

たっつんLINE@

ライブが終わっての良かった点・反省点をまとめてみる。

どうも、龍也です。

 

テンション最高で臨んだ先日のライブでしたが、

パフォーマンスの中で良かった点や反省点が多々ありました。

(VISUAL系バンドでのライブでした。)

 

それを今回は記事にすることで、

共有し、同じ間違いをしないようにしたいと思います。

 

それでは早速行って見ましょう!

 

 

・・・ライブ中の良かった点

 

・多くのお客さんにヘドバンをしていただけた。

これは個人的に高得点でした。

ヘドバンし慣れてる人ならまだしも、

したことない人たちにヘドバンさせるというのはとてもハードルが高く、

難しいことだと思うので、

今回の一番良かった点はこれだと思っています。

 

・新らしい発声のデスボイスの成功

先日のライブは以前とデスボイスの発声方法を変え、

低音の深みよりもパフォーマンス優先の発声方法に変更しました。

結果、お客さんの様子もうかがえ、

反応を見ることができました。

共演者の方にもデスボイスすごいと言ってもらえたので、

だいぶ満足しています。

 

・ライブ中の煽りを褒められた

これが2番目に嬉しかったです。

僕自身、結構色々なアーティストさんのDVDや動画を見て研究していて、

ネタをストックしているんですね。

ストックしていると、ふとした時に自然と出てくるのでオススメです。

煽りがすごいね・・・とか、

あんな風にヘドバンさせるなんて・・・とか、

そんな風に言われたら調子に乗っちゃいますよ。

 

・・・ライブ中の反省点

・曲中にデスボイスを多用しすぎ。

新しい発声のデスボイスがうまく言ったのが嬉しくて、

煽り曲でデスボイスを多用してしまいました。

その結果、最後の曲で喉が枯れてしまい、

情けない声になってしまうことがありました。

使用量は要調整とし、

日常の練習の中にデスボイスを本格的に組み込み、

喉の耐久力を鍛えることに決めました。

 

・ライブ中にヘドバンしすぎ。

元ギャ男としてはヘドバン大好きなんですね。

曲のいい感じのところで僕もパフォーマンスとして、

ヘドバンや折りたたみをするんですけど、

やりすぎて歌がよく聞こえないことがあるとの指摘を受けました。

すみません気をつけます。

 

こんなところでしょうか?

個人的にはとても楽しくライブさせていただき、

お客さんも盛り上がっていたと思うのでとても満足です。

次回はもっとかっこよく、

もっと盛り上がることができるよう進化して行きたいと思っているので、

是非とも、一度遊びにきてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事:

今日ライブなんです!!ライブ前日までに確認・準備しておくべきこと! - バンドマンの為の音楽研究

 

オケがいい?生バンドがいい?アーティストのライブ形態について語ってみる。 - バンドマンの為の音楽研究

 

 

ライブでやりがちなお客さんのテンションを下げるかっこ悪いMC! - バンドマンの為の音楽研究

 

実力と時間の等価交換!歌・楽器・作詞・作曲の練習時間の法則!! - バンドマンの為の音楽研究