バンドマンの為の音楽研究

音楽ブロガー龍也とバンドマン櫻による音楽活動のあり方・人としての生き方について考えるブログ。

ライブ情報

VidelVream:

10/15 濱書房

ちび☆でか★たんズ!!:

12/1 アメリカ山公園

お問い合わせはこちらのLINE@から! ↓

たっつんLINE@

<スポンサーリンク>

オケがいい?生バンドがいい?アーティストのライブ形態について語ってみる。

どうも、龍也です。

 

僕は最初の頃は、バンドメンバーが見つからず、一人でライブをしていました。

この期間はだいぶ長かったと思います。

良いメンバーとめぐり合えず、何年単位でソロやってました。

 

その時はもっぱらオケ音源を流して歌っていたのですが、

ずっと生がいい!!!と思い続けていました。

 

現在はバンドメンバーも見つかり、生でやれているのですが、

生は生で大変なこともあります。

 

そこで今回はオケ音源と生バンドのメリット・デメリットを紹介していこうと思います!

 

 

 

・・・オケ音源について

オケ音源とは:カラオケなどで取ってきた音源、もしくは自分で打ち込みや、レコーディングをした音源をそのままライブ会場で流して使う方法。

・・オケ音源のメリット

オケ音源を用意できれば、練習からライブまでを一人で完結することができる。

スケジュールの調整やミーティングなどを必要としないため、時間の自由がきく。

・・オケ音源のデメリット

迫力はどうしても生バンドに負ける。

ライブのノルマを全額一人で負担することになる。

用意するのに費用(もしくは時間)がかかることがある。

・・評価

ソロとして活動していく上で、とにかく練習時間を多く取りたい方。

自分の自由な時に練習し、ライブをしたい方。

お客さんが一定数来てくれる方に向いており。

逆に迫力を求めたり、ライブ動員数が少ないと満足行くライブができないどころか、費用の負担額がとても大きくなってしまい、ライブ貧乏になる。

 

・・・生バンドについて

生バンドは皆さんが想像するバンドの形式である。

各々のパートを人が演奏している。

・・生バンドのメリット

とにかくオケと比べて迫力が違います。

音の厚みも違ければ空気の振動やオケでは表現しきれない音域も加わってくるので、体感的なものが全然違います。

煽り曲などループさせたい場合に対応しやすい点も挙げられます。

ライブノルマもバンドの人数で割るので、その分安く済むのがポイント。

・・生バンドのデメリット

スケジュールを合わせなければならないため、練習時間が限られることが一番大きいでしょう。

人間関係上の問題が発生することもあります。

人数にもよりますが、スタジオ代も若干高くなります。

・・評価

ライブの時の演奏面でのメリットが多く、金銭的にも余裕が出るのが良いですね。

煽り曲が好きな僕はループに対応できるところも大きいです。

また、マネージャー的な存在がないと、練習日時を合わせるのが大変な場合があることと、時間が限られてしまう所には注意が必要です。

 

・・・僕個人の見解

やはり生バンドに叶うものはないと思います。

スケジュールと人間関係の問題さえパスしてしまえば、ほとんど問題は残りません。(そのはず)

何より一人でライブすると少しさみしいところがあります。

ステージを広く使わないと、どうしても小さく見えてしまい見栄えの問題も出て来ますからね。

やっぱり僕は生派です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんはオケと生どちらはですか?

音楽活動頑張ってくださいね。

 

関連記事:

 

意外と難関!!バンドメンバーの見つけ方!!バンドメンバーを見つける方法3パターン! - バンドマンの為の音楽研究

 

ただの代償とは!?無料でゲームや音楽、映画が見れるのはいかがなものか。 - バンドマンの為の音楽研究

 

初心者アーティストの為の稼ぐ音楽活動!音楽活動論。知名度とマネタイズ!! - バンドマンの為の音楽研究